【レビュー】iPad Pro用にApple Magic Keyboardを購入 ー 文字入力に遅延がなく快適に使えるBluetoothキーボード

f:id:Kawan0116:20171107143814j:plain

iPad Pro用にAppleのMagic Keyboardを買ってみました。

以前、ソフトウェアキーボードの練習をしていたと書きました。

執筆時点で2ヶ月ほどソフトウェアキーボードを使っているにも関わらず打ち間違いが頻発。嫌気がさしました。

また、有線キーボードを使っている記事も書かせて頂いています。

有線キーボードは遅延が一切なくて何も問題ありません。

しかし、キーボードが大きいですから持ち運びが困難。そこがちょっと嫌だと思ったんです。

よってMagic Keyboardを買ったのです。

僕がMagic Keyboardを選んだ理由

iPad Proで使えるキーボードは色々なものがありますが、何故Magic Keyboardを買ったのか。

実は、Magic Keyboardを買う前にエレコムBluetoothキーボード「TK-FBM093SBK」を約4,000円ほどで購入しています。

しかし、文字入力の際、遅延が頻発して使い物になりませんでした。

そのような経緯があったのと、僕はApple信者なので、Magic Keyboardを買ったのです。

今思えば、TK-FBM093SBKを買わずにMagic Keyboardを買えば良かったと後悔しています。

Apple信者は素直にApple製品を買うべきだと思い知りました。

Apple Magic Keyboardのレビュー

それでは、Magic Keyboardのレビューをしていきます。なお、Magic Keyboardを使用して5日ほど経っていて、既に開封して使っています。

よって開封の儀は省略させて頂きます。

f:id:Kawan0116:20171107143852j:plain

僕が買ったMagic KeyboardはUS配列です。長らくの間US配列のキーボードを使っていたので、JISキーボードは使いにくいだろうなって思いました。

ちなみに近所のヤマダ電機で買ったのですが、US配列の方が在庫が少なかったです。

US配列のMagic Keyboardが人気なのか、そもそも在庫が元から少ないのかは分かりません。

f:id:Kawan0116:20171107143930j:plain

Magic Keyboardを横から見ると僅かに傾斜しています。若干ですがタイピングが楽になります。

f:id:Kawan0116:20171107144025j:plain

充電ポートはライトニング端子になっています。

f:id:Kawan0116:20171107144050j:plain

バッテリー残量はiPad Proで確認できます。充電しながら使用することが出来ます。

f:id:Kawan0116:20171107144112j:plain

returnキーは小さめとなっています。特に問題ありません。打ち間違いはほぼありません。

f:id:Kawan0116:20171107144139j:plain

Spaceキーはかなり大きくなっています。とても押しやすいです。

f:id:Kawan0116:20171107144213j:plain

Magic Keyboardにはファンクションキーがあって、画面の明るさ調整や音量の調整などが出来るようになっています。

iPad Proには純正のSmart Keyboardがありますが、Smart Keyboardにはファンクションキーがないので、この部分だけ言えばMagic Keyboardのほうが良いとなります。

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A
アップル (2017-06-06)
売り上げランキング: 2,861
Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A
アップル (2017-06-06)
売り上げランキング: 12,250

Magic Keyboardの使用感

Magic Keyboardの使用感は以下のようになります。

  1. キーを押した時の音は割と大きめ
  2. 押し心地は軽い
  3. キーピッチは問題なし
  4. 1ヶ月はバッテリーが持つ

1. キーを押した時の音は割と大きめ

Magic Keyboardでキーを押した時「シャリ・シャリ」と割と大きな音がなります。ザワついているカフェでは使うのは問題ありません。

しかし、とても静かな環境(図書館など)では音が気になるかもしれません。

2. 押し心地は軽い

Magic Keyboardの押し心地は軽いです。軽いタッチで文字入力することが出来ます。

それでいて、しっかりとした押し心地があり、使いにくいということはないです。

3. キーピッチは問題なし

Magic Keyboardのキーピッチは広く、キーの大きさも程良い感じです。特に問題ないと思います。

長文入力でも疲れることはないでしょう。

4. 1ヶ月はバッテリーが持つ

公式サイトによれば、1回の充電で約1ヶ月、あるいはそれ以上バッテリーが持つとアナウンスされています。

上で述べたように充電しながら使うことが出来るので便利です。

その他雑感

残念な点はほとんどないです。強いて言うなら上で述べたキーを押した時の音が少し気になるくらい。

もちろん、キーの音は静かな部類に入ると思います。

僕の場合は2ヶ月ほどキーの音が全くならないソフトウェアキーボードを使ってきたので、余計に音が気になるんだと思います。

まとめ

Smart KeyboardとMagic Keyboard、どちらを買うか悩みました。

価格差は1万円ほど。Smart Keyboardの方が高いです。

よって最終的にSmart Keyboardより安価なMagic Keyboardを買いました。

Magic KeyboardはBluetoothキーボードであるため、iPhoneでも使えます。

その点も良いと思いました。

今後Magic Keyboardを愛用していくつもりです。

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 3,473
Apple Magic Keyboard (US配列) MLA22LL/A
Apple Computer
売り上げランキング: 153,240