iPad Proのソフトウェアキーボードを数日使ってみて ー これはあかんやつでした

f:id:Kawan0116:20170913214659j:plain

iPad Proのソフトウェアキーボードを数日使ってみて感じたこと。

それは、

これ、あかんやつやん!!!

でした。ソフトウェアキーボードは究極の静音キーボードだし、先進的だし、他にも色々あって是非とも使いこなしたいと思っていたのですが、正式に、

断念する!!!

ということにします。

ソフトウェアキーボードのここがウーン・・・

1.照明の灯りの反射

照明の真下だと、iPad Proの画面に照明の灯りが反射してとても眩しくてたまらんばいという感じ。文字打ちに専念出来ません。

スマートカバーで角度を付けると大丈夫になりますが、今度は打ちにくくなるという障害が発生。

2.キーが敏感すぎる

キーに少しでも指が触れると文字が入力されてしまいます。そうならないようにする為、全部の指を上げておく必要があります。

これだと手首や腕全体に負担がかかります。僕は、両腕が筋肉痛になりました。

3.打鍵感がない

ソフトウェアキーボードは打鍵感がないので基本的に打ちにくいです。なので、文字をしっかりと打つというところに神経が働いて、しかも文章をしっかりと書かないといけないので頭が物凄く疲れます。

現時点ではSmart Keyboard一択です

元々Smart Keyboardと相性が悪いのでソフトウェアキーボードに乗り替えた訳ですが、ソフトウェアキーボードに比べれば100倍くらい打ちやすいですね。

この記事はSmart Keyboardで書いていますがソフトウェアキーボードの1000倍くらい速く書くことが出来ますね。

現時点ではSmart Keyboard一択かなという感じです。お金があれば、HHKB BTを買うんですが・・・

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B
PFU (2016–04–12)
売り上げランキング: 3,614

やっぱり打鍵感って大事だね

Smart Keyboardでこの記事を書いていますが、やっぱり打鍵感って大事。打ちやすくてたまらんとです。

あと、キーに指を置けるのも良いですね。ソフトウェアキーボードはキーの上に指を置くことが出来ませんでしたから。

お店でも恥ずかしがらずに

ソフトウェアキーボードを使おうと思った理由の1つに、お店でSmart Keyboardを装備したiPad Proを出すと周りの目が気になる・・・

そこで、ソフトウェアキーボードだとタブレットを弄っているようにしか見えないし、こっちの方が周りの目が気にならないから、ソフトウェアキーボードを使いたいというのがありました。

しかし、これからは恥ずかしがらずにSmart Keyboardを装備したiPad Proを取り出して使おうと思います。

YOGA BOOKを買うのを諦めます

Lenovo 2in1 タブレット YOGA BOOK ZA150087JP /Windows 10/Office Mobile搭載/4GB/64GB/10.1インチ/ケース付(2017年モデル)

YOGA BOOKのキーボードはソフトウェアキーボードチックになっていますので、iPad Proのソフトウェアキーボードで慣れておこうと思っていたのです。

しかし、ソフトウェアキーボードを使うのは諦めたのでYOGA BOOKを買うのも諦めます。。。

まとめ

ソフトウェアキーボードの練習はしんどかったですが、中々楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今後はもうソフトウェアキーボードを使うことはないと思います。

やっぱりキーボードはボタンをポチポチと押しながら文字を打つのが便利&速い!