iPad Pro 12.9インチでタッチペンが意外に活躍する3つの理由

f:id:Kawan0116:20170808122333j:plain

iPad Pro 12.9インチを使う時、傍らにタッチペンを置いてます。

iPad Pro 12.9インチって指で画面タッチをしてナンボのガジェットですが、タッチペンを使う方が便利だったりします。

今回は、iPad Pro 12.9インチでタッチペンが活躍する3つの理由をご紹介します。

1.画面が指紋でベタベタにならない

指で画面をタッチばかりしていると、いつの間にか指紋で画面がベタベタ・・・僕、とてつもなく綺麗好きで指紋が許せないんですよ。

まぁ、画面が指紋でベタベタになったらシートで拭けばいいやんという話になりますが。

でも、これとても面倒じゃないですか!?

2.小さなボタンでもタッチしやすい

f:id:Kawan0116:20170808122523j:plain

Safariのタブを閉じる時、小さな「×」を押しますよね。これ、指でやると上手くいかない時があります。

その他、小さなボタンなどを画面タッチする時ミスってしまうことも・・・タッチペンなら小さいボタンなども正確にタッチ出来ますので便利です。

3.Split Viewで空振りしない

指の滑りが悪いとSplit Viewが空振りします。ようは上手いことSplit Viewに出来ないのです。

このような場面でもタッチペンを使えばバッチリです。

まとめ

タッチペンは手書きする時にも便利ですが、手書き以外の場面でも活躍するガジェットです。

何より画面が指紋でベタベタにならないのが良いですね。

ということで、iPad Pro 12.9インチなどiPadで画面がベタベタになるのが嫌な方はタッチペンを試してみて下さい。

静電容量式タッチパネル専用タッチペン Touch Wand(タッチワンド)M-type TWM-002BK
ミナトホールディングス株式会社
売り上げランキング: 69,204