【レビュー】オーディオテクニカ「ATH-AR3BT」を2ヶ月ほど使ってみた感想

オーディオテクニカ Sound Reality ATH-AR3BT BK [ブラック・ゴールド]

オーディオテクニカBluetoothヘッドホン「ATH-AR3BT」を2ヶ月ほど使ってみてのレビューです。

電池持ちが良い

f:id:Kawan0116:20170805173707j:plain

ATH-AR3BTの電池持ちは最大30時間です。僕は購入してからまだ2回しか充電していません。

驚異の電池持ちですね。ただ、充電時間は約5時間と長いのでバッテリー切れを起こしたら長時間使用できなくなります。

それに備えてもう1台買うか、他のBluetoothイヤホンやヘッドホン、もしくは有線イヤホンやヘッドホンを用意しておく方が良さそうです。

ただし、ATH-AR3BTは着脱式のコードが付属されており、バッテリーが切れても使えます。

まぁ、いつかは充電しないといけませんが・・・

出先でバッテリーが無くなったら有線で使えると言う点では安心です。

締め付けが強い

f:id:Kawan0116:20170805173732j:plain

ATH-AR3BTを装着すると結構な締め付け感です。今は良い感じに締め付けが弱くなっているような感じですが、購入した当初は30分ほどで耳が痛くなってしまってました。

音質はフラットで自然な感じ。低音が若干弱い

f:id:Kawan0116:20170805173815j:plain

ATH-AR3BTを使う前はSONYのイヤホンを使ってました。

僕が使ってたSONYのイヤホンは「XB(エクストラバス)シリーズ」で、低音が強調されるタイプのイヤホンです。

ATH-AR3BTを使い始めた当初、低音が弱いので不満タラタラでしたが、今となっては自然な感じで、長時間聴いていても聴き疲れしないです。

ただ、低音が若干弱いのは今でも不満ですね。

中高音がクリアなだけに低音に弱点があるのは残念です。

通話ができるのが良い

f:id:Kawan0116:20170805173836j:plain

ATH-AR3BTで音楽を聴いている時に電話着信があると、ボタンを押すだけで通話ができます。

これ、何気に便利です。ただ、誰から電話が掛かって来ているのか確認は出来ませんが・・・

僕の場合、ATH-AR3BTから電話着信音が聴こえたら、スマホを見て誰から掛かってきているのか確認。

そのあと、ATH-AR3BTのボタンを押して通話するようにしています。

ちなみに、ATH-AR3BTには音楽再生や停止、音量調整、曲送りや曲戻しできるボタンがあるので便利です。

スマホで楽曲の操作をしなくて良いのはとても楽です。

使わない時は首にぶら下げておくことができる

ATH-AR3BTを装着して音楽を聴きながらブログを書いている時、ふと音楽が邪魔になったら、ATH-AR3BTを外して首にぶら下げることができます。

そして、ATH-AR3BTからごく小さな音が聴こえてきます。BGMを聴いてるような感覚になります。

これ、かなり気に入ってます。無音状態は嫌で、微かな音を聴きたい。こんな気持ちの時に、このスタイルがマッチします。

ATH-AR3BTの総評

ATH-AR3BTを5段階評価したいと思います。

デザイン ★★★★★
装着感 ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
操作性 ★★★★★
音質 ★★★★☆
持ち運び ★★★☆☆

まとめ

僕はコアなSONY信者。イヤホン、ヘッドホン系はSONY製ばかり。

そんな僕がATH-AR3BTを買ってみて、最初は当然SONY製のヘッドホンやイヤホンと比較して、上記に書いたようにATH-AR3BTは低音が弱いのでとても不満でした。

しかし、2ヶ月ほどATH-AR3BTを使い続けると、これはこれでアリやなと思っています。

試しに、SONYのイヤホンを使ってみたんです。すると、SONYのイヤホンの音はなんか着色されているような感じで違和感ありました。

もう、僕の耳はATH-AR3BTに飼いならされたようです。

ATH-AR3BTはBluetoothヘッドホンだし、ケーブルが邪魔になることもありません。

今後もATH-AR3BTを愛用していきたいと思います。

【メーカーサイト】
ATH-AR3BT | ヘッドホン | 一般製品 | オーディオテクニカ